まさかの合鍵を紛失してしまったので新しいのを作りました

友人が家に泊まりに来て鍵屋に世話になったことの話です。私は仕事があるので外出をしていたのですがその時に友人に合鍵を預けていました。しかしその日に友人が合鍵をどこかに落としてしまったらしく、なくなってしまいました。とりあえずは私が持っている鍵を使って開けましたがまた鍵を作り直すことにしました。
もう一つの鍵で誰かに開けられても怖いですし、最近鍵も開けにくくなっていたのでいい機会でした。
今回鍵屋に頼んで少し手間がかかるかと思いましたが、意外と簡単ですぐに終わり楽でした。鍵を変えたところ開け閉めもスムーズになったのでトラブルはありましたが鍵を替えて良かったと思っています。

鍵の取り替えを行うタイミング

どの家にも付いているのが鍵です。
鍵はそう簡単に壊れるものではないので、鍵交換、取替えなどを行うイメージは少ないですが必要になることがあります。
一番多いのが壊れてしまった時。修理で直る場合もありますが交換してしまったほうが再発のリスクもないため取り替えてしまう人がおおいかと思います。
鍵を紛失してしまった、鞄の荷物と一緒にまるごと盗難にあったなど第三者の手に渡ってしまっている可能性がある場合にも交換が必要になります。最近のカードやチップをかざすタイプであれば登録変更のみで済みますが、そうではない場合には交換したほうがよさそうです。
まだ使えているけども15年以上は使っている場合なの防犯上心配な場合にも交換する人はいるようです。それぐらい前になるとピッキング対策がされていない鍵も多く出回っていたため、ほんの数分でキズもつけずにあけられてしまう心配があるとのことです。新しい鍵、ディンプルキーなどに交換しておけば安心でしょう。

いざという時に困らないように鍵の修理はどこに頼めば良いのか調べておこう

鍵というのは普段は安全を守るために便利なものですが、万が一にも壊れてしまうようなことあると大変です。
今まで普通に使えていたものが突然使えなくなってしまうのですから、日常生活に大きな影響を与えます。
それが家の鍵だったり自転車の鍵だったりすれば尚更でしょう。
そういった事態になってから慌てるようなことがないように、あらかじめ鍵はスペアを用意して修理が必要な場合にはどこで修理すれば良いのか調べておくことが大切です。

鍵の調子が悪い時は早めに修理の依頼を。

鍵が差し込みにくかったり、引っかかるような感じがある場合は、早めに修理を依頼した方が良いです。そのうちに、鍵が全く抜けなくなったりと、大きなトラブルとなりかねません。不具合が軽度の場合は、潤滑剤の注入などの方法で治ることもありますが、鍵交換となってしまうこともあります。鍵の業者に依頼すると、たいていすぐに駆け付けて、処置を行ってくれます。一般的な鍵の場合の相場は、1万円から1万5千円程度になります。

玄関の鍵は複数設けるべきです

玄関の鍵は複数設けるべきです。ピッキングなどの被害を防止するためです。空き巣はできるだけ短時間で鍵を開けようとしますので、鍵が複数設けられている住居を敬遠する傾向にあります。鍵が二つあれば、開ける手間が二倍かかるので、そのような住居を避けることが多いのです。可能であれば、複数の鍵を違うものにするのがオススメです。自分が開ける時にも少し面倒になりますが、空き巣にとっては更に面倒になりますので防犯効果が高いです。

家に入ることができなくなった鍵のトラブル

鍵は小さいながらも大きな力を持っているものです。紛失してしまうと家に入ることもできません。私が行ってしまった鍵のトラブルは、夜の遅い時間であるにもかかわらず鍵を持つことなく外出してしまい、その間に家族が鍵を内側からかけて寝てしまったことです。まさかインターホンをならして起こすわけにもいかず、結局コンビニエンスストアで朝まで時間をつぶすことになりました。鍵の「偉大さ」を実感した瞬間です。鍵のトラブルがないように、しっかりと管理しましょう。
と、あとで調べてみたら分かったことですが出張鍵屋に解錠作業をお願いできたようです・・・。幸い暖かい夜だったため身体的には問題なかったのですが、冬だったらすぐに鍵屋を呼ぶべきですよね。
まずは鍵をしっかり持ち歩く、なくしたり開けれない場合は鍵屋を呼ぶ!